ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2020年06月07日 03:27
2019年にはSINN社から独立しました 当時のモデルはその機能的なデザインから、ジン特有の性格が前面に押し出されたものであり、今日ならひと目で分かるベル&ロスならではのデザインコードはまだ生まれていなかった。
表面に加工を施したディープグレーダイヤルの配色をNATOストラップのストライプパターンにも適用し、統一感を持たせた。
だが、今日のベル&ロスではラウンド型のモデルよりも、一辺の長さが46㎜という巨大なケースで2005年に登場したBR 01に象徴されるスクエア型のモデルのほうがよく知られている。
ロレックスのファミリーブランドにして、昨年日本上陸を果たしたチューダーは、カジュアルな装飾表現に積極的。
1990年代に製造していたルミノックスの初期モデルを、創業30周年の節目に復刻。
「黄金の10年」と言われる1960年代のイタリアの雰囲気を腕時計で表現したシンプルデザイン。
だが、実際には、テストウォッチのゴールドカラーの表示要素は、古い時代の航空計器で見られる黄色に変色した蓄光塗料を想起させ、ベル&ロスのインスピレーションの源との強いつながりを感じさせる。
「Bell & Ross by SINN」という名義でSINN社から時計をリリースしていました。
ミリタリーウォッチに多く見られる引き通し式のファブリック製ストラップ、通称NATOベルトが今、時計界を席巻している。
ブランドロゴは、学士号を持つ工業デザイナー、ベラミッシュ氏がブランド創設時にデザインしたものだ。
ベル&ロスの査定の際にぜひお持ちいただきたいのは、購入時に同封されていた保証書や明細書。
明快なホワイトダイヤルとサンドカラーの夜光針&三角マーカーインデックス、マット仕上げのケース、そしてグリーンテキスタイルストラップの組み合わせは、定番シリーズながらも新鮮な印象に。
黒文字盤と黒いケース、そして、純白の夜光針とインデックスを備えたベル&ロスの特徴的なベーシックモデルに比べると、ゴールデン ヘリテージはそのエレガントな佇まいがゆえにブランドのイメージに合っていないのではないか、という意見もあるだろう。
パイロットウォッチとしての外観は、マットブラックの文字盤とライトブラウンのカーフレザーストラップによって完成されており、ストラップのステッチは美しいコントラストを生み出す。
陸の世界観を表現する「Lコレクション」。
そのスタンスを体現しているのが、数多く展開されるファブリック製ストラップを採用するモデル。
何れにしても、汎用ムーブメントの良さは改良に適してるのも一つの特徴です。
光発電ライトチャージやGPS衛星電波受信ほか、さまざまなセンサーを備えた最先端アナログウォッチという存在を感じさせない、シックな佇まいが特徴。
ハミルトンを象徴するミリタリーウォッチ「カーキ フィールド」の新たなカラーバリエーション。

ロレックス時計コピー https://www.yuku006.com/ProductDetail.aspx?Id=201812080833372148

この記事へのトラックバック